古風な名前が人気浮上中!|大事な名前だからこそ、占いを参考にして決めてみませんか?

水晶玉

古風な名前が人気浮上中!

水晶玉

昭和から平成に移行したのち、定番の「子」が付いていた名前から、花や季節をモチーフにした名前が話題になってきましたね。 女の子につける命名は、やはり可愛らしい名前を付けてあげたいのはもちろんですが、何を基準に決めたらいいか分からないという方もいらっしゃるかと思います。そんな時、今年はどんな名前が人気なのかを「名前検索サイト」で検索すれば今流行りのネームが見つかることでしょう。 今年は、「結・陽・美・莉」などの柔らかい印象をもたせる漢字が多く使われている傾向がみてとれます。そんな漢字が多く出回っている反面、古風なネームも少しずつ人気を高めつつあります。 古風なイメージだとちょっと疑問に思ってしまうのも否めないですが、なかには「藍子」や「杏香(ももこ)」といった女の子らしいものもあるので一度目を通してみると良いかもしれません。 また、お子様が大きくなって字が書けるようになったら自分でも書けるような簡単な漢字を選んだり、ひらがなでまとめるといった方法もあるでしょう。

可愛らしく女の子らしい名前を決めることはもちろんですが、やはり名前というのは一生涯共にするので名字とのバランスも考える必要があります。他にも、画数のバランスや周りの親族からでも呼びやすい名前かどうかなど...多くの面で配慮しなくてはなりません。 また、法律上、文字数の制限はありませんが、常用・平易な漢字を使用することは求められています。しかし、中には人名に使ってはいけない漢字もあり、出生届を受理されない可能性があるので注意したいところでしょう。また、使えない漢字を調べるときは「戸籍統一文字検索」と検索してみてください。 最後に女の子にふさわしい”止め字”。 主に「子・奈・美・花」の4文字ですが、ある程度使用したい漢字がイメージできたら、4つの止め字とバランスを見てみるのもいいでしょう。